復興委員より

家屋解体後の手続き。

もしも、対象で見逃している方がいらっしゃったら、申し訳ございません。
地域の掲示板で、家屋解体後の手続きについて詳細な情報を頂いておりましたのに、
気づくのが遅かったため、お知らせするのが遅れてしまいました。
12月中に解体が終わった方は、滅失届を12月31日までに提出すること。
1月1日から固定資産税が課税されるとのことです。

家屋解体を申し込まれた方は、札幌市からお知らせがあったのかも知れませんが、
もしも無かった場合・・・。どうしよう・・・ 😥 
12月26日、地域の掲示板に木村氏(たぶん長岡技術科大学大学院 准教授の木村先生と思う)が
書き込みをしてくださっていたのに、気づかずにおりました。
12月中に解体が終わった対象の方(今の所3件でしょうか?)にも木村先生にも大変失礼をいたしました。
申し訳ございません!!今後見逃すことのないよう気をつけます。

もう遅いかも知れませんが・・・。地域の掲示板をご覧ください。 ➡ 家屋の解体

 

薬液注入による液状化被害の抑制効果前のページ

カラーコーン設置場所次のページ

関連記事

  1. 復興委員より

    地盤改良工事

    21号線は舗装されて凸凹が解消しました。けれども1丁目にある家は大きな…

  2. 復興委員より

    活動報告書

    2018年度 里塚中央災害復興委員会 活動報告書4月に開催された里…

  3. 復興委員より

    公園再整備プランの最終案です。

    1月23日(土)に久々の復興委員会が行われました。そこで公園再整備…

  4. 住民説明会

    復旧工事進捗状況報告会

    2020年1月25日(土)18:00~里塚中央会館で『里塚中央町内復旧…

  5. 地域の情報

    里塚道路情報

    ・・・と言ってもごく狭い限られた範囲(29号線、30号線、23号線)の…

  6. お知らせ

    住民説明会

    住民説明会開催のお知らせです。2月23日(土曜日)19:00から、…

コメント

  1. 長岡技大の木村です.大丈夫,気になさらないで下さい.なお,家屋については,罹災証明が全壊の場合は,固定資産税の減免の手続きをしていれば,既に100%減免されていますので,滅失届を12月中に出していなくても,0円で変わりありません.(半壊~大規模半壊は要注意)
    http://www.city.sapporo.jp/citytax/topics/30jisinnkokuji.html#kotei
    固定資産税の減免の手続きは,市ホームページをみたところ,1/4までで既に終了していますが,家屋は過ぎていても対応可能の旨記述がありました.忘れていた方は急ぎ手続きして下さい.

    解体後の土地については,行政の一連の復旧工事が終わるまで,再建が出来ないと思います.その間,手続きをしておけば災害時の特例で家屋が建っていた時と同じ額に固定資産税が減じられます.(被災住宅用地の特例,災害の規模によらず適用される制度です)(3年間)
    http://www.city.sapporo.jp/citytax/topics/30jisinnkokuji.html#keigenn
    これも手続きが必要なので,解体が終わった方は市に問い合わせて下さい.
    「被災住宅用地使用申告書」などの書類を提出します.札幌市のはホームページに掲載されていませんので,ネットで拾った下関市のをリンクしておきます.参考まで(用紙の細かい様式は違うと思うので,札幌市から書類は貰って下さい)
    http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1106641307681/files/hisai-juutaku.pdf

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  1. 地域の情報

    薬液注入が始まります。
  2. お役立ち情報

    11月14日の道新【地盤強化薬剤注入へ】
  3. はるかのひまわり絆PJ

    はるかのひまわり絆プロジェクト
  4. 地域の情報

    9月6日(日)あれから2年。
  5. 里塚復旧工事通信

    復旧工事通信~第36号~
PAGE TOP