復興委員より

地下に空洞、熊本地震

情報を頂きました。


11月9日の熊本日日新聞掲載

熊本地震の被災地で実施した県管理国道と県道の一斉調査で、道路下に計22カ所の空洞を確認したと明らかにした。地中の用水路や排水路の破損で土砂が流れ込み、空洞につながったケースが多く、県道路保全課は「大きな揺れが原因になった可能性がある」とみている。

続きは上記リンクからお読みください。
熊本地震から2年7か月経ちましたが、まだ影響が出ているのですね。

 

被災ローン減免制度前のページ

水が溜まる場所次のページ

関連記事

  1. 復興委員より

    地盤改良工事

    21号線は舗装されて凸凹が解消しました。けれども1丁目にある家は大きな…

  2. 復興委員より

    陥没発見!

    復興委員防犯部メンバーがパトロール中にぽぷら公園東側で陥没を発見しまし…

  3. 地域の情報

    今日の里塚(3月21日)

    昨日とは打って変わり、晴天の里塚でした。先日の記事で、夜間作業があ…

  4. マスメディア関係

    Yahoo!ニュースに掲載されました!

    先日UHBで放送されましたが、本日Yahoo!ニュースでも取り上げられ…

  5. 地域の情報

    UHBみんなのテレビの前に

    昨日、今日、みんなのテレビ(UHB)の動画変換などにまだ時間がかかって…

  6. マスメディア関係

    日経ホームビルダー2019年1月号

    興味深い記事が掲載されていると情報を頂きました。日経ホームビルダー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  1. 地域の情報

    9月6日(日)あれから2年。
  2. 里塚復旧工事通信

    里塚復旧工事通信~第8号~
  3. 里塚復旧工事通信

    復旧工事通信~30号~
  4. 地域の情報

    水道管切替工事作業中
  5. 地域の情報

    敷地内の陥没にご注意ください!
PAGE TOP