復興委員より

地下に空洞、熊本地震

情報を頂きました。


11月9日の熊本日日新聞掲載

熊本地震の被災地で実施した県管理国道と県道の一斉調査で、道路下に計22カ所の空洞を確認したと明らかにした。地中の用水路や排水路の破損で土砂が流れ込み、空洞につながったケースが多く、県道路保全課は「大きな揺れが原因になった可能性がある」とみている。

続きは上記リンクからお読みください。
熊本地震から2年7か月経ちましたが、まだ影響が出ているのですね。

 

被災ローン減免制度前のページ

水が溜まる場所次のページ

関連記事

  1. マスメディア関係

    本日の北海道新聞より

    上記の写真は、清田区の小角 武嗣(こすみたけし)区長です。9月6日の震…

  2. マスメディア関係

    地盤改良工事事業者決定!

    4月3日の建設新聞より地盤改良工事を進めるにあたり、行政からの説明…

  3. 復興委員より

    家屋解体工事時の家財について

    まだほんの数件ですが、里塚中央地区の家屋解体が始まっています。そんな中…

  4. 復興委員より

    事務所の朝礼にお邪魔させていただきました。

    3月末の週末に、工事事務所の朝礼にお邪魔させていただきました。7:…

  5. 地域の情報

    上から見てみました。

    里塚1条1丁目、1班を見下ろす位置にカートピアジャンボの工場があります…

  6. 地域の情報

    2019年10月10日 今日のさとづか

    久しぶりに太陽を見たような気がします。今朝の里塚です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  1. 里塚復旧工事通信

    里塚復旧工事通信~第19号~
  2. 復興委員より

    2020年復興委員会
  3. 里塚復旧工事通信

    里塚復旧工事通信~第49号~
  4. 地域の情報

    上から見てみました。
  5. 地域の情報

    プラントの横の建物はなんだろな?
PAGE TOP