復興委員より

不同沈下家屋の修復

 

熊本地震 益城町、仙台市の地盤復興事例

情報提供資料を頂きましたので、掲載いたします。
(公社)地盤工学会(一社)地質調査業協会(公社)熊本建築士会地盤品質判定士協会作成の資料を転載しております。下記画像クリックでPDFが開きます。
■不動沈下発生の原因
■地盤修復手法
■地盤の調査手法

 

 

仙台市の地盤復興事例

切り盛り土の境界の定義(P2)、被害が大きかった考えられる理由(P4)、
裁判例から見たリスク(P7)等が説明されています。以下の画像からどうぞ。


 

復旧・復興支援WG「液状化被害の基礎知識」

上記ワーキンググループのホームページでは、
■液状化被害を受けた場合の修復方法・費用
■復旧のための保険・公的補助・融資制度
■法制度等から見た液状化
見やすく掲載されています。法制度はO&A方式です。

Q3:  液状化被害が発生した場合、宅地を造成した事業者や事業を許可した機関は責任を問われないのか?
A3:  造成した当時の基準どおりに造っているのであれば、責任を問うことは困難です。なお、現行基準では、液状化対策は建物の設計者側で考慮することになっています。

以下の画像からホームページへいきます。 ↓ 修復フローチャート ↓

 

 

今日で3ヶ月。前のページ

おもちつき大会 大盛況!次のページ

関連記事

  1. マスメディア関係

    4月13日の北海道新聞電子版より。

     記事では美しが丘の住宅地での被害の集中しているエリアについて…

  2. マスメディア関係

    2019年9月6日 1年が経ちました。

    胆振東部地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。被災者の方…

  3. マスメディア関係

    【報道写真集】北海道新聞社

    先日『地域の掲示板』に廣谷さまより投稿して頂いておりました胆振東部…

  4. 地域の情報

    今日の里塚(3月21日)

    昨日とは打って変わり、晴天の里塚でした。先日の記事で、夜間作業があ…

  5. 地域の情報

    上から見てみました。

    里塚1条1丁目、1班を見下ろす位置にカートピアジャンボの工場があります…

  6. 復興委員より

    札幌YWCA様からの贈りもの。

    震災後すぐに支援に入ってくださり、今も変わらず関わりを持ってくださって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  1. お役立ち情報

    生活支援ガイドまとめ
  2. マスメディア関係

    もうすぐ1年。北海道新聞に掲載されました。
  3. マスメディア関係

    地盤改良工事事業者決定!
  4. 地域の情報

    雪解けと排雪
  5. 地域の情報

    宅地について。
PAGE TOP