地域の情報

宅地について。

H宅。
道路の地盤改良工事の予定は11月ですが、日々傾く家に不安を感じグラウト工事を始めました。
土の中は予想以上に空洞が深く、多い様子です。
工期は延び、薬液の量も当初の2倍になっています。
そして、せっかく水平に持ち上げたのに、翌日には水平を保てなくなっている状態。
やってもやっても終わらないのではないか?と思ってしまいます。

T宅。
物置と家屋の間。雪解け後には開いてなかった穴。6月29日に発見しざわっとした。


サウンディング試験の後(?)と思われる穴が開いていたので、棒を入れてみた。グイグイ入る。


土の中は見えないからどうなっているのか解らなくて不安。
いつのタイミングで手を付けたら良いのか・・・。

ひまわり前のページ

罹災証明の申請期限は8月30日まで!次のページ

関連記事

  1. 住民説明会

    里塚地区市街地復旧工事~施工見学会~

    雨の中、施工見学会が実施されました。ぽぷら公園内でしたので、テント…

  2. 地域の情報

    住家被害認定調査の基準

    地域の掲示板に被害認定基準運用指針について情報を頂きました。KFさ…

  3. 地域の情報

    おもちつき大会のつづき。

    おもちつき大会の動画も提供していただきましたのでアップします。見てね~…

  4. 地域の情報

    変化

    台風が来るとまた地震がおきそうで怖い。…

  5. 地域の情報

    路面下空洞調査が行われます。

    地中レーダーを搭載した路面下空洞探査車で、道路下のデータを取得し、陥没…

  6. 地域の情報

    下水道工事のお知らせが届いています。

    ■下水道災害復旧工事が始まります■工事期間中は片側交互通行や部分通…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  1. 復興委員より

    感謝状授与式 その2
  2. お役立ち情報

    北海道新聞より
  3. 里塚復旧工事通信

    里塚復旧工事通信~第7号~
  4. 地域の情報

    夜の里塚は寂しいよ。
  5. マスメディア関係

    北海道新聞と北広島のホームページ
PAGE TOP