復興委員より

家屋解体工事時の家財について

まだほんの数件ですが、里塚中央地区の家屋解体が始まっています。そんな中、
『どこまで片付けるのか?』ということが、撤去される方の不安になっています。

下記の資料は2018年10月に特別措置として札幌市から出された案内です。
クリックでダウンロードできます。札幌市のホームページはこちらをクリックしてください。
8ページ目によると、

必要な家財は危険のない範囲で搬出しておいてください。
搬出されずに残された家財等は処分の対象となります。
【家庭ごみは収集カレンダーにしたがって可能な限り処分しておいてください】

と記載されています。

これを読むと、搬出せずに残した家財は処分しますと解釈できます。
6ページのQ&Aにも書かれています。

ところが、現地確認の場面(5ページの⑤⑥)で、担当者により言うことが違っているため住民としては受け取り方の違いがあるようです。

里塚のことではありませんが、
解体業者が来る前に業者に依頼して家財を撤去している方もいれば、全てそのまま(調味料や冷蔵庫の中等)の家もあったり、「ここにあった物が無い!」と言い出す方もいるようです。
全壊になった家の方には札幌市から3名の担当者がつき、丁寧に説明をして頂いておりますので不安な点は確認し、共有できたら良いですね。

これから里塚の家屋の解体が本格的に進むと思います。
解体業者から「家財の撤去は有料になる」と請求された方もいるようですが、札幌市が業務委託しているため金銭を請求されることはありません。
ただし、家電はリサイクル法により処分しなければならないため、この限りではありません。
撤去を申請された方は、被災家屋等の撤去制度のご案内にあるように電力、電話、プロパンガスは事前に撤去するなど、事前によく読みトラブルにならないように気をつけましょう。

関連記事

  1. 地域の情報

    今日のさとづかです。

    すごーく狭い範囲ですが、作業の様子を撮ってみました。今日も雨で気温…

  2. 復興委員より

    地下に空洞、熊本地震

    情報を頂きました。11月9日の熊本日日新聞掲載熊本地震…

  3. 地域の情報

    最近の様子

    今日は里塚復旧工事通信の発行日でですが、その前に。里塚と同様に昨年…

  4. 地域の情報

    復旧工事の様子

    今日は写真がいっぱいです!動画もあり。今日は 林さんに案内をして頂…

  5. 復興委員より

    事務所にお邪魔しました。

    かねてから、毎晩遅い時間まで明かりがついている事務所が気になっていたと…

  6. 復興委員より

    政府広報オンライン

    2018年12月26日サイトがオープンされました。政府広報オンライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  1. 行政からのお知らせ

    所得税及び個人住民税の軽減に関する臨時申告会場のご案内
  2. 復興委員より

    活動報告書
  3. 地域の情報

    変化
  4. 復興委員より

    地盤改良工事
  5. 里塚復旧工事通信

    復旧工事通信~第41号~
PAGE TOP