復興委員より

地下に空洞、熊本地震

情報を頂きました。


11月9日の熊本日日新聞掲載

熊本地震の被災地で実施した県管理国道と県道の一斉調査で、道路下に計22カ所の空洞を確認したと明らかにした。地中の用水路や排水路の破損で土砂が流れ込み、空洞につながったケースが多く、県道路保全課は「大きな揺れが原因になった可能性がある」とみている。

続きは上記リンクからお読みください。
熊本地震から2年7か月経ちましたが、まだ影響が出ているのですね。

 

関連記事

  1. 地域の情報

    今日は色々なこと!

    スーパームーンの本日は、もりだくさんです。まずは、今日から現地事務所が…

  2. お知らせ

    夢のようなお知らせです!!

    日頃からご支援くださっている、YWCA様から音楽の贈り物があります!…

  3. 復興委員より

    パンクにご注意です。

    家屋の解体が今も進んでいますが、道路に釘や鉄板の破片などが落ちています…

  4. マスメディア関係

    今日ドキッ!~HBC~

    明日で半年です。1日前の今日、HBCで取り上げられました。今日の札…

  5. 地域の情報

    あれから半年。

    2018年9月6日3:07「北海道胆振東部地震」あれから半年が経ちまし…

  6. マスメディア関係

    みんなのテレビ

    震災の日から、ずっと取材を続けて頂いております。地域の掲示板でコメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  1. 里塚復旧工事通信

    復旧工事通信~第24号~
  2. 行政からのお知らせ

    平成31年度予定の用地確定測量から登記まで。
  3. 地域の情報

    今日は色々なこと!
  4. 地域の情報

    防犯カメラが設置されました!
  5. 地域の情報

    最近の里塚
PAGE TOP