お役立ち情報

昨日⽇経ホームビルダーに掲載された内容です。

液状化被災地でいまだ続く地盤変状

北海道胆振(いぶり)東部地震で地盤と住宅の⼤規模な沈下が発⽣した札幌市清⽥区⾥塚地区では、地震発⽣から約2カ⽉がたった現在も、地盤に空洞ができるなどの変状が続いている。札幌市が地震後に⾥塚中央ぽぷら公園に設置した変位計は、10⽉末までに33㎜の沈下を記録した。この状況が、地盤被害の原因特定を難しくしている。
~中略~
現在も続く沈下に対して、市の⾒解や対応に疑問を呈する専⾨家がいる。「⾥塚地区の地盤沈下量は局所的で⼤き過ぎる。液状化だけでは被災原因を説明しきれない。⼟砂の流出で地下に⼤きな空洞ができている可能性がある。適切な対策を講じるためには、被災地域全域の地下を早急に調査しなければならない」。関東学院⼤学で教授を務めていた若松加寿江⽒はこう指摘する。
被災者の相談にボランティアで応えている地盤品質判定⼠協議会の諏訪靖⼆幹事は、「宅地は⺠間の問題というだけでは、被災者はどうしたらいいか分からず不安になるばかりだ。市は被災者に対してもう少し丁寧な説明が必要だ」と話す。

その他記事は、以下写真をクリックしてください。PDFで開きます。

NHK放送受信料の免除について前のページ

宅地内に陥没や亀裂がある方へ次のページ

関連記事

  1. マスメディア関係

    3月25日北海道新聞夕刊から。

    3月末は年度末。被災者支援制度の延期になるのか。延長されるのか。宅…

  2. お役立ち情報

    自費で解体した人の費用負担

    北海道新聞WEB版に掲載されていました。ご確認ください。自費で…

  3. マスメディア関係

    今日で3ヶ月。

    今日で3ヶ月が経ちました。あれからまだ3ヶ月しか経っていない。もう…

  4. マスメディア関係

    北海道新聞の連載記事

    最近の里塚中央は家屋の解体は少しずつ進んでいますが、大きな動きはあ…

  5. マスメディア関係

    2019年9月6日 1年が経ちました。

    胆振東部地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。被災者の方…

  6. マスメディア関係

    北海道新聞より

    6月2日の北海道新聞です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  1. 地域の情報

    かさ上げ工事は進んでいます。
  2. 里塚復旧工事通信

    復旧工事通信~第25号~
  3. 復興委員より

    報告会の様子~写真編~
  4. 復興委員より

    住民説明会
  5. 里塚復旧工事通信

    復旧工事通信~第27号~
PAGE TOP